1. ホーム >
  2. 新着情報

< 内 容> 

1. かながわ200年の家(長期優良住宅・神奈川県産木材使用)見学 
2.神奈川県産木材伐採地見学 
3. 製材所見学 

参加費用は1,000円(昼食付)です。 
先着順で定員 25名様までとなっております。 
普段はなかなか見ることのできない、伐採現場を見学できる貴重なチャンスです!
是非この機会をお見逃し無く! 
お申込みは、電話をいただくか、または申込用紙をFAXにてお申し込みください。 

申込み用紙はこちらです。 

お問合せ・申込み 
電話番号 045-453-9701 
FAX番号 045-453-9705

7月12日、当協会が地域型住宅グリーン化事業のグループとして採択を受けました。

毎年恒例のかながわ県産木材産地見学バスツアーを開催します。


< 内 容>
1. 箱根の森林で伐採現場の見学
2. 相模原市内製材所見学
 
 参加費用は1,000円(昼食付)です。 

 先着順で定員 25名様までとなっております。 
 普段はなかなか見ることのできない、伐採現場を見学できる貴重なチャンスです!

 是非この機会をお見逃し無く! お申込みは、電話をいただくか、または申込用紙をFAXにてお申し込みください。 


お問合せ・申込み
電話番号 045-453-9701
FAX番号 045-453-9705

10.jpg




全木協神奈川県協会は、平成27年度地域型住宅グリーン化事業の採択グループとなっています。


原木供給者・製材加工業者から会員工務店までが一丸となって、かながわ県産材を使用した、良質な住宅を供給するための

取り組みを行っています。


会員工務店で、一定以上の県産材を使用し、住宅を建築すると、国から100万円~の補助金が交付されます。


詳しくはお問い合わせください。


【会員工務店が集まった会議の様子】





毎年ご好評をいただいている、かながわ県産材見学バスツアーを今年も開催します! 


山林に生える原木を実際に切り倒す様子や、丸太を加工して材木にする製材所、神奈川県産材を使った住宅建設現場の見学など、普段なかなか見ることのできない内容となっています。 

昼食には七沢のおいしいお蕎麦をご用意しています。またテレビなどでも有名な厚木のオギノパンの直売所にも立ち寄ります。 

 参加費用はバス代・昼食費込みで1,000円です。 先着順で定員 25名様までとなっておりますので、お申し込みはお早めに。 

県産材見学ツアー.jpg

 ■申し込み方法 
 以下リンクの申込用紙をFAXまたはメールでお送りください。 


 ■申し込み先 
全木協神奈川県協会 
FAX : 045-453-9705 
 メール :info@kanagawa200.com 
〈お問合せ〉045-453-9701 

全木協神奈川県協会は、平成26年度も国の補助事業である、地域型住宅ブランド化事業の実施グループとして、国より採択を受けました。

かながわ200年の家をつくる会は、会の名称を「全木協神奈川県協会」へとあらためました。


地域型住宅のブランド名は従来通り「かながわ200年の家」とし、引き続きかながわ県産材を使用した、神奈川県の風土にあった家づくりをすすめてまいります。



"かながわ200年の家"は、神奈川県産の木材を使用するという共通のルールがあります。

 意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、神奈川県でも住宅の建設に使える良質な木材がとれるのです。 
普段は柱や板といった状態でしか目にすることのない木材ですが、今回のツアーは、まさにまだ山に生えている状態から伐採する様子や、伐採した木を柱や板に加工する工場、などを実際に見てみようという企画です。 
まずは、「かながわ200年の家をつくる会」の会員工務店である井口住研さんの施工現場(もちろん神奈川県産材を使った"かながわ200年の家"です)を見学させていただきました。

1.jpg
素敵なイラストとメッセージがおでむかえ。


2.jpg
みなさま、熱心に見学なさっています。たくさんの質問も出ていました。

3.jpg
神奈川県産の木材のいい表情が出ています。井口住研さんありがとうございました。
午後は厚木市の七沢に移動して、いよいよ伐採現場の見学です。

4.jpg
ひんやりとした山の空気が漂います。

5.jpg
神奈川県の森林再生課の江口さんにお越しいただき、レクチャーを受けました

6.jpg
伐採を見せてくださったのは厚木市森林組合の職員さんです。チェーンソーの音や思わぬ事故を防ぐため、装備も万全です。

7.jpg
写真が少し遠いですが、真ん中のしるしがついている木を切り倒しました。

8.jpg
切り倒したのは杉で、樹齢60年ほどとのこと。
その後は、伐採した原木を、実際に使える木材へと加工する製材所の見学をしました。場所はフォレスト津久井という市川屋さんの製材所です。

9.jpg
日曜日で工場は稼働していませんでしたが、その分、機械を間近で見ることができました。

10.jpg
製材されるのを待っている丸太が積まれています。

11.jpg
こちらは木を人工乾燥させる巨大な窯です。扉を開けると、木の香りが広がります。
今、食べ物の地産地消が注目されていますが、住まいも、その土地で育った木材を使って建てることは様々な面で理にかなっています。

今回のツアーは、「木」がどのような過程を経て、私たちの住まいの一部に姿を変えるのかをたどるツアーでもありました。
ツアーを通して、「木」に対する新たな発見が色々あったのではないでしょうか。ご参加されたみなさま、ご協力いただいたみなさま、誠にありがとうございました。



ツアーチラシ.jpg
 

森林伐採現場から製材所をめぐるバスツアーです。
 

< 行 程 >
1. 秦野市内山林にて原木伐採見学
2. 相模原市内製材所見学
 
 参加費用はバス代・昼食費込みで1,000円です。 

 先着順で定員 25名様までとなっております。 
 普段はなかなか見ることのできない、伐採現場を見学できる貴重なチャンスです!

 是非この機会をお見逃し無く! お申込方法は、メール又はFAXにてお申し込みください。 

(11月末〆切り) かながわ200年の家つくる会 事務局 
メール :info@kanagawa200.com 
FAX : 045-453-9705 〈お問合せ〉045-453-9701

平成25年度地域型住宅ブランド化事業に採択されました。


  1. 戻る
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 進む

アーカイブ